2016年04月02日

NHK受信料の超簡単な解約方法!一言も話すことなくウェブで解約 NHKを解約できる条件とは?


NHK.jpg

NHKの受信料って結構高いですし、納得いってない人も多いかとおもいます。
チャンネルがNHKしかなくて、テレビをもっている人がごくわずかだったころの昔の放送法を今のご時世でそのまんま使っているのが納得いきません。



しかも最近NHK職員の不祥事も多いですし・・・
払いたくない!と思っている方が多いと思います。
しかし、残念ながら契約を結んでいる以上はきっちり払わなければいけません。
いくら気に入らなくても契約が成立している以上は、支払いを拒否していてもいいことありません。
あまり長い期間滞納が続くと、裁判を起こされてしまいます。
民事訴訟を起こされたら、契約が成立している以上はこちらが負けてしまうのです。
裁判所から支払い命令が来ることになります。

そこで今回はNHKの受信料を解約する方法を紹介したいと思います。







・基本はNHKと契約しないこと!

放送法64条では、「NHKを受信可能な受信設備を設置した者はNHKと契約しなければならない」と定めています。
これを武器にNHKは義務ですからと契約を迫ってきます。

これは、契約の義務ですから支払いの義務ではありません。
私=契約=NHK(義務)
契約してしまうと
契約=支払い(義務)

しかし契約関係が成立すると、契約時の合意内容に沿った受信料を支払う責任が発生してしまうのです。
契約が成立しているのに長い間支払いをしないとNHKに民事訴訟を起こされる場合があります。
払わなくても法律で罰せられることはありませんが、最終的には裁判所から支払い命令がくることになります。


NHKをはじめ電気・ガス・水道・家賃などは民間同士の契約ですので「民事上の債務」です。
電気・ガス・水道などは支払いをしなければ「契約不履行」で契約が打ち切られたり、供給がストップします。
しかしNHKだけはなぜか契約不履行でも契約関係が打ち切られることなく一方的に供給され続けるのです。えらい迷惑な話です。

契約をしてしまうと支払いをしないといけないので、契約をしないことが大切です。


放送法に契約の義務があるとはいえ、それを破ったからといって放送法には罰則規定などは一切ありません。
義務を守らない。ただそれだけです。

放送法で契約の義務がありますから。
といわれても、どうぞ訴えるでもなんでもしてください!とでも言いましょう。
どうせペナルティーはなにもないのですから







NHKは、一回契約してしまうと残念ながら解約は非常に難しく、基本的には解約はできません。

→:NHK撃退シールは効果ある? しつこいNHKスタッフを追い返す方法とは


・NHKを解約できる条件

一般的に解約するには、

1-「受信機を捨てずに『設置』状態を解除する」 (アンテナケーブルを抜き、テレビをダンボールに入れて押入れや物置きにしまうなどして、NHKの放送が視聴できない状態にすること)

2-「受信機が故障して放送の受信や視聴ができなくなる」

3-「受信機を廃棄する」 (つまりテレビを捨てること) 

4-「受信機をリサイクルショップやヤフオクなどで売却する」

5-「受信機を家族や友人に譲渡(または売却)する」


このどれかを満たした場合です。

解約するにはNHKに電話し解約届を送付してもらわなければなりません。解約届でしか解約はできないのです。
なのでそう簡単に解約届を送付してくれません。


1の場合、まともに取り合ってもらえず、こちらが規約をよく理解し法律に詳しくて論破しないといけないの でなかなかきついですね。
2の場合ご丁寧に「受信技術」という部署の職員が訪問してきてなんとしても直してしまうでしょう。
3を選べば「解約届」に「テレビを廃棄した証明書類(リサイクル券など)」を添付して郵送することを要求 してきます。「ない」といえば「家宅内に立ち入っての確認をせざるを得ない」という流れになります。
4を選ぶと、売却した際に受け取った領収書や受領書のコピーなど、なにかしらの販売記録の提出を要求して くるでしょう。
5を選ぶと譲渡先の氏名・連絡方法を聞いてくるので自分以外に迷惑がかかるしめんどうですね。
本当に売るならいいですが、言い訳として使うにはどれも頼りない
どうしたらいいのか・・・
対人でなくサイト経由で簡単に解約する方法はないか

いろいろ探した結果・・・

あった!







・引っ越して2世帯が1世帯になる場合
例えば、
・大学を卒業して実家に帰る
・単身赴任が終わった
・結婚する
・一人暮らしをしていたが実家に帰るなど

そんな場合は、併合する世帯が受信料を払うことになります。
一人暮らしの解消で実家が受信料を払っていれば、無事解約となります。

しかもNHKのサイトから簡単に解約できます。

名前と電話番号、アドレス、旧住所、新住所、引っ越し予定日等を入力するだけで電話などは必要ありません。

ここで気になりますよね?

引っ越し予定日を知らせるということは本当に引っ越ししたか確認に来るのかということが

自分の場合は引っ越ししたときに職員は来ませんでしたし、電話等の確認も一切ありませんでした。







大事な部分なのでもう一度
引っ越ししたかの確認はなし、電話での確認もなし、新住所への訪問もなし
ということは実家が払っているなら・・・?(笑)


一回も人と話すことなくスムーズに解約することが出来ました。
そして年一回払いを選択していたので、差額もきちんと返金されました。
営業支部レベルだとしつこそうですが(契約しに訪問してくるのはNHKの職員ではなく、彼らは契約社員なので)全国を相手にしている本部のNHKサイトからなら一人ひとりまで目が行き届きませんね。


NHK2.jpg
まとめ!
引っ越し等で2世帯が1世帯になる場合は、旧住所の契約はNHKのサイトから簡単に解約できる。
契約期間が残っている場合はすでに支払った分が返金される。
→:NHK撃退シールは効果ある? しつこいNHKスタッフを追い返す方法とは







タグ:ライフ

スポンサードリンク



【ライフの最新記事】
posted by ラピスラズリ at 12:46 | ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

・目次

ライフ・生活 仏教に関して